百聞は1デザインにしかず!

百聞は1デザインにしかず!

column

人がまだお猿さんだった頃。

目の前に「顔の周りに立派な毛の生えた動物」が出現!

逃げるべきか、考えているうちにガブリ!とされてしまいます。

目の前に「赤くて丸いもの」を発見!

食べ物か、そして食べ頃か、分析しているうちにパクリ!横取りされてしまいます。



それを、一瞬で見て、判断したお猿さんが、命を繋いで「人」に進化してきました。

ではそれが、文字で説明が書かれていたとして。


「この生き物はライオンだよ。肉食動物だからとても危険!早く逃げて!」

読んでいるうちに、ガブリ!とされてしまうでしょう。

「この赤くて丸いものはりんごという果物だよ。甘酸っぱくて美味しいからぜひ食べてね!」

読んでいるうちになくなっていることでしょう。

ここでデザインの出番。

例えば、ライオンにデザインされた印がついていて、
それを見て、「こわい!」とすぐに逃げ出せば、命が助かります。

りんごの木にデザインされた看板がついていて、
それを見て「食べたい!」とすぐにもぎ取ればお腹いっぱい、美味しい思いをすることができます。

こんな風にターゲットユーザー(お猿さん)にメッセージを一瞬でわかりやすく伝え、
心を動かし、行動を起こさせること。

それが「デザイン」なのだと、私は思います。

703アートデザイン株式会社